長崎県北部 佐々町 佐世保市の税務、帳簿は横尾みちる税理士事務所

BLOG

怒りとは・・・・・

2014年04月21日

おはようございます。

皆さん、どのような週末をお過ごしでしたか?

先週末も、“いい天気”とはいえない週末でしたね(>_<)

長串山のつつじは“満開”となっていましたが、結局行くことができませんでした。

 

ところで皆さんは、毎日の生活の中で“怒り”を感じることがありますか?

日常生活で怒りを感じることってきっとたくさんあるのではないかと思います。

私は、よく人の言葉によって励まされたり、慰められたりするのですが、

今はどうしようもなく腹が立ったり、怒りを感じたら必ずこれを読むようにしています。

 

“もしも怒って誰かに何かを言ったなら、

最初に自分の心を破壊して、

ものすごく不幸な感じを味わっているはずです。

怒るということは、自分で自分を燃やし始めたということです。

いずれ細胞が破壊されて、グチャグチャになってしまいます。

怒りを甘くみてはいけません。

怒りが生まれた瞬間に、からだには猛毒が入ってしまうのです。

たとえわずかでも、怒るのはからだに良くないと

しっかり覚えておいてください。

本当にいいのは、怒らない方法を探すのではなくて、

ただ怒らないことです。

努力して怒りを抑えこむのではなく、自分の心の怒りに気づくこと。

からだに怒りが生まれたらそれを蛇の毒のように考えて、

すぐ薬で消してしまうこと。

蛇が古い皮を脱皮するように怒りを脱皮してください。”

 

これはアルボムッレ・スマナサーラさんの言葉です。

私はこの方が誰か知りませんでしたが、この機会に調べてみました。

すると、スリランカ出身の有名な僧侶の方でした。

 

“ただ怒らないこと”

 

とても難しいことです。

私にとってこの言葉が怒りを消してくれる薬のようなものになりました。

きっと私と同じように感じてくださる方がいるのではないかと思い

ブログに載せてみました。

今週もがんばりましょう!!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSリーダーで購読する