長崎県北部 佐々町 佐世保市の税務、帳簿は横尾みちる税理士事務所

BLOG

今年も終わりに近づきました(+_+)

2014年11月04日

お盆が過ぎたと思うと、あっという間に11月。今年も残り2ヶ月となりました。

先週末に行った雑貨屋さんでは、もうクリスマスの飾りが店頭に並んでいて驚きました!

 

来年は平成27年。

来年には大きな税制改正が控えています。それは相続税の基礎控除の引き下げです。

現在の相続税に係る基礎控除は 5,000万円+1,000万円×法定相続人の数 ですが、

平成27年からは 3,000万円+600万円×法定相続人の数 となります。

この基礎控除の引き下げにより、相続税の申告件数は1.5倍に増えるともいわれています。

生前贈与に関する話もよく耳にするようになりました。

 

生前贈与に関する代表的な制度が相続時精算課税制度になります。

簡単に言うと、生前贈与についてこの制度を選択すると、贈与財産に対して非課税枠が2,500万円となり、それを超える部分の贈与財産に対して贈与税が課税されるというものです。(選択しない場合の非課税枠は1年ごとに110万円です。)

その後、相続時(贈与者の死亡時)には、生前贈与した財産はすべて相続財産に合算して相続税が計算され、算出された相続税からすでに納付した贈与税を控除するという制度になります。

相続時精算課税については、細かい要件が定められていますが、平成27年からはこの要件も緩和されます。(要件等につきましては事務所まで問い合わせください。)

 

これからは “相続税” が今までより身近な税になりそうです。

この機会にお持ちの財産について、一度整理をされてみてはいかがでしょうか。

 

参考URL 相続税及び贈与税の税制改正のあらまし。https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/sozoku/aramashi/pdf/all.pdf

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSリーダーで購読する