長崎県北部 佐々町 佐世保市の税務、帳簿は横尾みちる税理士事務所

BLOG

スイッチOTC薬控除?

2016年04月05日

適正な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める目的から、特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診のいずれかを受けているものが

平成29年1月1日~平成33年12月31日までの間、スイッチOTC医薬品の購入費用を年間1.2万円を超えて支払った場合はその購入費用のうち1.2万円を超える額を所得控除できる制度ができるようです。 (年間10万円を限度)    

ただし、この制度を導入すると、医療費控除を受けることができません。

 

 

  ここで、私が思ったのが、「スイッチOTC医薬品ってなんぞな???」  

 

 

  調べましたw スイッチOTC医薬品とは、「病院の薬の成分を市販薬に転用した薬品」とのこと。  

 

今まで、医師の判断でしか処方されなかった医薬品を、薬局で買える医薬品の事で、OTCとは「Over The Counter」の略で、薬局のカウンター越に売られている薬で、医療薬から市販薬にスイッチしたってことで、スイッチOTCというらしいです。

 

  かぜ薬や胃腸薬、水虫の薬、湿布、禁煙補助剤等々・・スイッチOTC薬の種類は豊富らしく、年々、数も増えてきてるそうです。

 

  スイッチOTC薬の使用について注意することとして、スイッチOTC薬は、市販薬とされて、しばらくの間は、薬剤師のいる薬局でしか買うことができない指定薬となってるそうです。

 

  自己責任な薬なのですが、正しく使用しないと副作用の恐れがある薬らしく、薬剤師に相談して購入する必要があるようでね。

 

  使用上の注意を正しく守り、安全に服用したいですね。

この控除を受けるためにはどうやって購入を証明するのかしら?

レシート見たらスイッチOTC薬って判るようにように書いてあるのかしら?

まぁ来年以降の控除だから、それまでに判るようになってるのかな?・・・・ 複雑にならないことを祈りますw            

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSリーダーで購読する